--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.07.29

山椒その後


塩茹でしたものを佃煮とちりめん山椒と冷凍保存をしました。
初の佃煮作り。
佃煮というものは食べたことはもちろんあるけれど、作ったことはなかった!ただ煮たらいいっていうもんでもない、と今回思った。(笑)

一応やわらかく塩茹でした山椒のみだったけれど、佃煮したことで硬くなった気がする。私が求めていたものはやわらかくも刺激のある山椒の実の佃煮なのに~!!味はおいしく出来たけれど、硬くって感動激減。。。

ちりめん山椒のほうは去年より炒り方が甘かったせいかやわらかめに仕上がった。去年とは違うけれどこれはこれでおいしい^^
うーーーん、ほんとうにちりめん山椒っておいしいなぁ~♪
お酒でもご飯でも合うし、カルシウムもとれていい食べ物である。(塩分高いけれど)

DSCF3832.jpg

DSCF3834.jpg


関東のほうではあまりちりめん山椒とかはなじみがないっていうことを少し聞いたような気がするけれど、そうなのかしら?たしかに京都のお土産で売っていることが多いけれどね。

硬くなった山椒の佃煮。原因は4つのうちのどれかだろうと思う。
1、塩茹で段階でもっとやわらかく煮る。
2、塩茹での時に炭酸をいれる。
3、佃煮の作り方に問題がある。
4、山椒の実が若くなかった。

4については自分で木を管理していない限り無理である。
1~3を試して完璧にするのは一年に一、二度しか作れないからいったい完成までに何年かかるのか!

ということで、これからは去年のように栗原はるみさんの青煮の作り方でストックしておいて、ほとんどをちりめん山椒にしてしまうのが、色的にも、山椒のピリピリさも、作る時間的にもいいなぁということにしてしまうのは決断が早すぎでしょうか???

だって佃煮にしてもやっぱり食べる率が高いのはちりめん山椒のほうが高いわけで・・・・・。(笑)


ままま、とりあえず冷凍庫の塩茹で山椒はすべてちりめん山椒にして、佃煮山椒はちまちまといただくことにしまーす。(笑)



スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://usacafe.blog39.fc2.com/tb.php/78-1537bf54
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。