--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.03.04

写真の載せ方


いつもブログやHPに載せる写真を上手にきれいにとろうとがんばっています。
HPに載せるためにケーキを作っている、といっても過言ではない私。(笑)
作りたくてしょうがなかったり、作って~!!とねだられる、ということがなく
将来のため、自分の腕の上達、の為(?)に重い腰をあげられる一つの要因となってくれるのがHPだったりするんです。

でも作り出すと作業が止まらなかったり、作ってみたいケーキがあると頭の中でどんどん組み立てていき、作る時をうずうずと待ってる自分がいるんですが・・。
(食べるのはすこぶる好きというのは言うまでもないですが。)
要は腰が非常に重いということです。。。。(体重が重いから??(笑))

重い腰をがんばってあげて作ったケーキを美しく載せたいと思い、
今まで実物以上(ビジュアル約200%up)で撮り、載せてきたけれど、
友人の話を聞き、非常に衝撃を受けたことがありました。



その友人は働き先でネットショップの運営をしているんですが、
「販売する写真は綺麗に撮りすぎてはいけない、載せてはいけない」
と言います。

なぜかというと、写真が実際の商品よりも綺麗に写っていると、購入した人の元に商品が届いた時、がっかりするかららしい。

!!!!!!!!!!!!!!!!!!

「たしかにたしかに~!!!そうやんなーそうなんなぁーー!!」
としきりにうなずき、納得し、あほみたいにうなずいていた私。

写真がきれいに写っていると購入しようと言う人はたくさんいるかもしれないけれど、購入した商品に満足してもらわないことにはリピーターになってもらえない。やはり一度きりのお客様よりも何回も何度でも購入してもらい、気に入ってもらってこそお店をする価値があるってこと。

私は現在のままではネットショップをしたりする予定はないので
実物以上に写真を載せても詐欺にはならないだろうし、
写真だけで満足してもらえたらいいのだけれども、
その友人の話は本当に当たり前のことなんだけど、ネット上で商売していく、物を載せて実物も実際に見てもらうギャップを無くすという、案外考えなさそうでとても重要な事を言っていて、私も心にとめておこうと思った。


(その友人の働いているショップのネットショップのurlです。
http://www.kimonoya-komachi.com/
実際アンティーク着物を置く他の実店舗に行ったことがありますが、
しみなどの説明はなく、自分で見つけないといけないという厳しい目が必要だけれども、ここは説明が載ってあり、親切丁寧でした。
古着って実店舗よりもネットで購入した方が案外いいかもしれませんね?)




はっ!!!!
でも私、そろそろ実物を公開する日が近づいているんだけれども、、、
やばいなぁ。

詐欺にならんやろうか・・・・・。^^;



スポンサーサイト
この記事へのトラックバックURL
http://usacafe.blog39.fc2.com/tb.php/32-35a210ec
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
usaさん こんばんは。
そっか。。そうなのね。。私もフムフム・・って読んで納得してしまった。確かに売るとなるとね。。でも綺麗に撮りたい・・難しいところですね。

実物公開???なんだろう。。たのしみにしてま~す♪
Posted by まりな at 2006.03.04 23:49 | 編集
まりなさんへ。

そうでしょ~?!なるほどなるほどって感じですよね!
考えてみたらそうなんだけど、痛いところつかれたって感じがしたよ^^;
そうでも綺麗に載せたい~^^;
む、むづかちぃ。。。。。

えへ。そんなところも見逃されなかった(笑)
実物公開、できるかしら?????
Posted by usa at 2006.03.05 10:01 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。