--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.06.11

夏の気配


山椒の実、硬いですTT
かみ締める感じで食べます。。。
どうしようかな?佃煮を作ってみようかな?<さらに煮込んだら柔らかくなるだろうか?という考え。
塩茹でだけでは柔らかくはならないのかも。実が若くないということ?!
よーーーわからんっ!!


さて、夏の気配もちらほらと。
でも庭の苺がまだこれから赤くなろうとしていたり、そうかと思えばブルーベリーもゆっくりゆっくり大きくなってきていたり、そんなことをゆっくり感じた週末でした。ええ!もちろん雑草を抜きながらね!

雨振ると、茶色い庭が、緑色。 T▽T



プチトマトが安かったので沢山買って来てセミドライトマトを作りました。
0611-1.jpg

これも4回目ぐらいかな?今まで焦がして失敗ばかり。うちのオーブンは120度までしか下がらないのでウッカリするとこんがりしてしまっています。今回は10分タイマーで10分経って切れても当分そのまま、そしてまた10分焼いて、、、という感じを2時間ほど。
何とか焦げずに出来ました。
しかし、、、、貧弱なプチトマト、ドライになったら種と皮だけになったかんじ。(笑)
これで何を作ろうかなぁ~♪


それとバジルも安かったので買ってきてバジルペーストを作りました。
家でも生えてきますが、虫や土がついてよーく洗わないと食べられないのです。洗うととたんに黒くなるのが早いでしょ?!だからペーストにすると真っ黒ペーストになってしまいます。せっかくの大量のバジルなのにね。なので家で生えてきたものは摘んでその日に食べることにしています。ペーストも食べたいときに作ればいいのですが私の腰の重さを考えると作っておくのがベターかと。(笑)

0611-2.jpg

ちょっとオイルを入れすぎました^^;

松の実を入れるのがポピュラーだと思いますが、私は抜きで。
単に家になかっただけですが。(笑)
あまり松の実、好きじゃないんですよね。(ペーストにしたらわからないんだけど)





久しぶりにスコーン焼きました♪

0611-3.jpg


satonakaさんが美味しそうなスコーンを焼いていたので食欲が抑えられず、、、。^m^
でもスコーン苦手、、、作るの苦手だなぁ。
こんなものでしょうか?膨らみって。
まぁ美味しかったのでよしとしますが今回初めてフードプロセッサーで作ったのでとってもラクチンでした^^また作ろう!
(今度はクロテッドクリームもつけたいぞ!)









0611-4.jpg


よく積んである写真を見て私も~♪って思って撮りましたが一枚撮ったと単に崩れました。もう撮り直す気力なし。(爆)










スポンサーサイト

この記事へのコメント
スコーン発見!!
四角いスコーンもイイですね♪
usaさんらしい繊細な仕上がりです。
フープロで作ると簡単ですよね。。。私は、もう手作業じゃ作る気がしません(笑)

ドライトマト、私も前に作りました。
ただ中玉のトマトを使ったので、なかなか乾燥しなくて。
電気代を考えたら、ドライトマトを買ってきたほうが安上がりだったかと(汗)
とはいえ、usaさんの写真を見てたら作りたくなっちゃいました。
Posted by satonaka at 2007.06.12 01:02 | 編集
satonakaさん。

発見がはやい!^^;
というか、、、繊細?!わたしらしい~?????A^^;アセアセ
そっか、発見はっけん!私って繊細だったのだ!(爆)
いえいえ、ほんとにフープロって便利ですよね~♪もう手作業で私も作れません!でもまだまだ要領えてないのと、容量も小さいので作りにくいです。
大きいロボクープ、欲しいですがそれこそ置き場所がないです。

中玉で作ったのですね?!わぁ~どれだけ時間かかるんだろう~!(って気になるのはそこか!(笑))でもでも実もしっかりあるからすごく美味しそうですよね!中玉か。。。
でも確かに電気代やガス代考えると買ったほうが安いかも。^^;天日で干せるほど乾燥していればいいですが、それでもなんか虫がよってこないか、とか考えると室内で手軽に作ったほうがいいかなぁと思ってしまいますよね。
以前セミドライフィグを作ったとき、どちらかのサイトを参考にしたのですが、初めにレンジで水分をだして、出た水分はその都度とりそして仕上げにオーブンで乾燥しました。
ドライトマトもその方法で出来るかもしれませんね♪
(私がやってみるかどうかは謎ですが・・・(笑))
Posted by usa at 2007.06.12 14:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。