--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.13

イーストの香り


パンを作るようになってから(ってまだ3回しか作ってない。(笑))強力粉の減りがとっても早く、買ってあったイーストもなくなりそうなのでクオカでいろいろ見てました。
イースト、、、「これはイースト臭さがなくよかったです♪」なんていうコメントがあったりするのを見て、あああ、やっぱりイーストの匂いって駄目なものなんだなぁ~。^^;

イーストの匂いって私には懐かしくて好きな匂いだったりするのです。
昔母がよくパンを焼いてくれたことを思い出します。パン生地は餅つき機で捏ねて、大きい蓋つきのボウルのタッパーに生地を入れて車の上に乗せて発酵させていたのを覚えています。
粉ゼラチンの匂いも小さい頃フルーツゼリーをよく作っていたそのころの匂い。
これも懐かしくて嫌な感じがしないのです。
こういう感覚って人にはあてはまらないからちょっと気をつけないといけないんですね~・・・。

パン作りをはじめるから母が持っていた食パンの型をもらおうと思ったらすでに捨ててありました。ちょっとはじめるのが遅すぎたかっ?!


今回はみかさんのリーンのパンに挑戦。
あれ?リーンの生地ってバターってはいるんだっけ??レシピの1.5倍の粉300グラムで。
これだとキッチンエイドでも捏ねやすそう。

カンパーニュ。
三分の一を全粒粉にして、焼成時間を10分増しで。

0212.jpg



しかし作っている途中に気づいたけれど、クープ用のかみそりがない!カッターもない!!しょうがないので研ぎたての包丁で。(笑)
それ以前に二次発酵後に布巾に生地が付いちゃってクープを綺麗に入れる状態じゃぁなかったです。

なんとか焼きあがったけれど、クープも全然開いていないし、形も微妙・・・^^;さぞかしどんな硬くて不味いパンになってるだろう~って思ったら、
「あれ????結構美味しいやん~」(味覚障害?)
なかなかどうして食べられるようなパンに出来上がりました。

ヨッシーにも「買ってきたと思った!」と言われたし。
彼にとってはハード系の全粒粉のパンを作るなんて頭にもない感動ポイントだったらしい。(笑)

2,3日たっても美味しく食べられました。
いつか本格的なカンパーニュを作ってみたいな~♪



スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://usacafe.blog39.fc2.com/tb.php/133-4b7f3e99
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。