--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.10.07

中華な日々。


中途半端な坦々麺を食べたら一気に辛いものが食べたいモードになってきました!


ということで先日の夜は中華ご飯にしました。
麻婆豆腐と鶏肉とカシューナッツ炒め。と水菜と野菜のサラダ。(中華ドレッシングで。(笑))デザートはアンニン豆腐デザート風。

1007-1.jpg


麻婆豆腐は陳さんのほぼレシピ。ほぼというのはとうがらしの分量を少し少なめにしたからと豆腐が離乳食でへちって少なくなったのとひき肉が多い。(笑)そして計らずともトウチ醤なくなっていたので買いにいったらトウチしかなくトウチをみじん切りにして使いました。(メンドクサイ)


バイトしていたときちょっと聞いたのが麻婆豆腐には山椒油を使うとのこと。この山椒油を一時期中華街に行ったときなどに探してみたんですがないんですよね。花椒を油に火にかけたら作れるのでしょうか?
でもそこまでめんどくさいことはたぶんしませんが。(笑)
四川料理は、麻(マー)のしびれる=山椒、辣(ラー)の辛さ=唐辛子が特徴です。唐辛子だけではしびれるような辛さにはなりませんが、山椒が加わることで香りと辛さが増して四川料理独特の痺れが広がります。


今回というか普通麻婆豆腐は木綿豆腐で作りますが、絹ごしで作った麻婆豆腐も好きなんです。もちろんに崩れますがあまり辛味のしみこんでいないツルツルの豆腐を辛いマーボで食べるのも美味しい♪
いっそのこと暖めた絹ごし豆腐にマーボーをかけて食べてもいいよね。(笑)
食べやすくとうがらしの量を減らしましたが、すごく美味しくできたけれど私にはもう少し辛くっても良かったな~。(写真ではしっかり辛そうで、実際普通に辛いですけれどね。)

1007.jpg

鶏肉とカシューナッツ炒め。
ナッツは苦手ですがカシューナッツは好きです♪
レシピ本はないのですがお店で食べみた感じでなんとなく作っています。味の決め手は生姜と紹興酒なのかな~?コクがある中国料理独特の風味が何を入れているのか分からなくて悩みます。
数年前まではお酒って日本酒でもいいじゃん!って思っていましたが、紹興酒を使ってみるとやっぱり風味が違います。ちょっとお店の料理に近づく感じですよね。



なかなか本場の調味料をそろえるのは難しいですが、大まかな調味料はこんな感じで常備しています。たまに中華街で買うイマイチよく分からない醤とかもあったりします。香酢もあるけれど、あの匂いにノックアウトでなかなか料理に使えません^^;テレビでそれで酢豚を作っていたからバルサミコみたいに火にかけると芳醇な香りと味に変化するのかな~?(なぜあるかというと香酢を飲んでダイエットというのに手をだしたけれど、強烈な香りに続けられなかった。。。(笑))
あと中国醤油はどうしても手に入れてみたい!
XO醤を上手く使いこなせないので常備していません。。。
XO醤メインの味付けをするときはどういう風なコツがあるとか美味しいレシピを知っている人がいたら教えて欲しいです。


1007-2.jpg


ベトナムで買ってきたフカヒレ(姿ではない)はなかなか手がつけられず、花椒も大量にありなかなかなくなりません。
手前のピンクのものは海老煎です。揚げるとすごく膨らんで美味しいスナックになりますよね^^
S&Bの小さい袋に入った中華食材もいろいろ買って利用しています。(今回のトーチもS&B)

ウェイパーも買ってみました~!
半生状態が使いづらそうで買ったことなかったんですが、やっぱり美味しいのだろうな~♪早く使ってみよっと。^^



もう一品TVでみてどうしても食べたくなった四川料理があるので近々また中華晩餐になるでしょう!あああ、中華って中華ってカロリーも高いし、また食が進むんだよね~。(ビールもね)

やばいわ~、これ以上肥えてどうするか。。。。。。。







スポンサーサイト
Posted at 11:32 | cooking | COM(4) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。