--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.08.25

無花果で。


毎年消費しきれない量の無花果をいただきます。二人家族だったからと言うのもあるけれど無花果は日持ちしないからすぐに食べないと駄目になってしまうんです。でも去年からはちょっと違う!いつもこんなにいらない~!!って思っていたのが今年はまだかな??何時どれぐらいもらえるのだろう??なーんて待ち遠しく思っていました。
去年作ってみたセミドライフィグコチラのサイトを参考にして作りました。製菓用のセミドライフィグに比べると甘みもコクもなにもかも薄いのですが自家製で作れるなんてなんだか良いじゃない?って事で今年も作りたくてうずうず、そしたら一昨日頂きました♪


大きいものが6個。すでに完熟で無花果のスープも出てきているのもありました。すぐに洗ってカットしてレンジへ入れて。レンジを二回転、オーブンは全部一緒に入れて。今年はレシピで1分とあるけれど、1時間ほど入れては消しての繰り返しで作りました。


0825.jpg


レンジで出たイチジクの果汁とセミドライフィグです。
なんだか干し柿を連想させる甘み。日本的で甘みも優しいです。なのでやっぱりお菓子に使うと市販のより物足りないかもしれませんね。
そしてすぐに使わないときは冷凍庫で保存しないといけないぐらいのドライ加減です。(笑)

早速これでケーキを作ってみました。
ぶうちゃんから頂いたアップサイドダウンケーキが美味しかったしレシピもアップされていたのでこれに♪フルーツパウンドも捨てがたかったのですが作業手順を模索中・・・。
味の違いを見たかったので半分は市販のドライフィグで。

初めてのアップサイドダウンケーキ。






0825-1.jpg




焦げたっ!!!!!TT


ショックー・・・・・。




焼きすぎてちょうど無花果のカラメル部分が硬くなって香ばしすぎ~!になってしまいました。
やっぱりうちのオーブンでも160度でいいのかも・・・。
生地は美味しい♪

なので味の比較もあまり出来ませんがそれでも食べ比べるとやっぱり市販のほうが味が濃ゆかったです。でも自家製もなかなか。(焦がしといてなかなかもクソもありませんが^^;)こういうふうにカラメルに絡めてつくるのは甘みも増されていいのかもしれません。

もうほとんどなくなったのでまた頂くのを待つか、レーズンなどを混ぜてフルーツパウンドにするか、それまで冷凍庫へ保存しておきます。^^




そして余ったジュースで無花果ジェリー。


0825-2.jpg


アップルジェリーも作ったことないのし作り方も本当ににナンチャッテ。(笑)レンジのときに出たジュースに砂糖とレモン汁を入れて煮詰めてペクチンを入れただけです。^^;
しかもペクチンの量が少なくって冷めてもソース状態です。明日再度煮つめてペクチン入れてもすこし固まらせてみようと思います。うまくいくかしらん??


生でもちゃんと美味しく頂きます♪
ヨーグルトとマスカルポーネと上からメープルシロップをかけて。
これなら無花果がイマイチな旦那も美味しく頂いてくれます。(マッタク手間のかかる奴だぜ)



さてさて今度はいつもらえるかしら♪


追記☆

Lynneちゃんが作った自家製ドライフィグ、天日干しもされていあのには本当に感心するけれど、レンジでするときもジュースは取り除かずに煮詰める感じでするのだそう。そうすると無花果の風味がそのままでさらに美味しくなりそうで私も今度はそうやって作ってみるぞー!




スポンサーサイト
Posted at 22:18 | sweets | COM(8) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。