--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.07.24

トマトソースレシピ



皆様、長らくお待たせいたしました!
ミシュランで5ツ星レストランで働いていたいといわれているパティシエの作るトマトソース!!(いったいどんなやねん!!!!!!!!)



まあ冗談はさておき・・・・・^^;



真に受けてレシピ作りました。
興味のある方は作ってみてくださいね♪

0724-4.jpg


*注意点*
簡単と紹介しましたが多少時間がかかるのと、フードフロセッサーがないと厳しいです。あしからず・・・。
そして、味に対してのクレームは受付いたしませんのでよろしく。(笑)


材料  450cc瓶 4本~5本分
トマトホール缶 2550g缶 1缶 又は400g缶6缶ほど。

玉ねぎ 大2個
人参  大1本
セロリ 2本分
ニンニク 2カケ

オリーブオイル 130cc~150cc

ローリエ 2枚

塩  適量
胡椒 適量 
砂糖 少々

0724-2.jpg

作り方

①野菜をすべてみじん切りにする。(ニンニク以外は一緒にしてしまってもOK)
 トマトホール缶をつぶしておく。(微塵にした後のフープロかもしくは手つぶしでもOK)

②鍋にオリーブオイルとみじん切りにしたニンニクを入れ火をつけ
 弱火でじっくりニンニクをキツネ色にする。(焦がさないように)

③ニンニクが大体キツネ色になってきたらみじん切りにした野菜を入れる。

④初めは中火でそのあと弱火でたまに焦げ付かせないようにかき混ぜながら炒めていく。

⑤茶色っぽくなったらトマトホール缶と缶を洗った水、ローリエ、砂糖、塩を入れる。

⑥強火で沸騰してきたら弱火にし、あくを取りながら焦げ付かせないようにたまになべ底を混ぜながら火にかけていく。

⑦全体の量が初めの4分の3もしくは3分の2ぐらいになったら塩、胡椒で味を調える。


以上。




*補足*

野菜の炒め具合はあめ色までしなくてもいいです。茶色っぽくなってきたらというかんじ。

この作り方ではトマトホール缶の種をとると書いていません。
取ったほうがおいしいですがめんどくさいのでしていません。(笑)
さらにおいしさを求める方は種をザルやムーランで漉すか、種無しダイスカットのトマト缶を使うといいと思います。

最終的の塩コショウは抑え目に。入れすぎるとどうしようもありません。


時間がないときは野菜を炒め、次の日にトマトを入れ煮込むという感じでもOKですよ♪野菜を炒めるのは30分はかかるし、トマトを煮込むのも一時間はかかるかな?(もっとかかるかも。)

作ったソースは冷蔵でも冷凍でも保存OKです。
冷蔵の場合で長く保存する場合は容器の殺菌が必要です。
大きい冷凍庫だと牛乳パックに入れてそのままたてて冷凍も出来ますよ^^

トマト缶の数が少ないときはそれにあわせて野菜も調節してください。
厳密じゃなくても大丈夫です。


あとは絶対に焦がさないように!!!というのが最大の注意点です。(笑)焦がしてしまったらすぐに他の鍋に移し替えてくださいね。
(ウルルンで林檎のすりオロシを入れたらいいといっていたけれど試したことはありません。^^;)



もちろんいろいろなトマトソースレシピがあり、私もこのソースだけしか作っていないということはありません!ホール缶だけでさっぱりソースにしたり、手軽に玉ねぎだけで作ったり、ローリエだけじゃなくブーケガルニ入れてみたり、、、煮込む時間も短いものや今回のように結構じっくり煮込むもの・・・それぞれでおいしいと思います^^

今回は企画便のときに贈らせていただいて、おいしい~♪と言っていただいたことを真に受けレシピにしたものです^^;
興味のある方は作ってみてくださいね♪


他に分からないことや細かい質問などあれはメールやコメントでどうぞ♪


0724-1.jpg



これはそのトマトソースで作ったパスタです。
冷蔵庫残り物野菜のアラビアータ。(笑)

トマトソースパスタを作るとき、パスタの上にかけるのではなく、フライパンで和えてくださいね~♪そのほうがおいしい!そしてけっこう流動性のないソースなのでパスタの茹で汁を加えて作るといいですよ^^






そのうちHPにレシピupする、予定。。。。(いや未定・・・)











スポンサーサイト
Posted at 22:34 | cooking | COM(16) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。