--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.11.01

林檎消費。


緊急で入院しちゃったら冷蔵庫の紅玉が心残りになる~!と思いつつなかなか消費できなかった。ジャム作ってからは生で食べたり生で食べたり、生で・・・。
まっおいしいけどねー。(笑)

先週両親がきた時に持ってきてもらったリンゴケーキのレシピ。
母の手作りのお菓子といえばレーズンクッキーとこのリンゴケーキ。

DSCF4304.jpg


たしかサラダ油で作っていたから簡単でいいなぁ~って思っていたけれど、レシピカードには4種類のリンゴケーキのレシピがはってあり、ちゃんとサラダ油で作るケーキのレシピもあったけれど、これでよく作っていたよ、というものはバターで作るタイプ。
うーーーん、バターをやわらかく泡だて器でやってー砂糖を加えて白っぽくする作業はちょっと辛いかな~と思っていたのだけれど、結局そのレシピに。(笑)

ちゃんと椅子に座りながらの作業。(笑)
そのレシピで驚くのがリンゴの量と焼成温度。
リンゴケーキのレシピでちょっと検索していたけれどだいたい1個か多くて2個。このケーキ4個使用って書いてある。。たしかに22cm型で作るので多めは多めなんだろうけれど、型に生地を入れたときには生地にりんごが入っているというよりも、りんごに生地がまとっているという感じ。(笑)
型に敷きこめるかな?とアバウトな感じでいざオーブンへ。

で、このオーブンの設定温度がなんと250度!
マジっすか~??!!!
実家のオーブンもガスオーブン。温度が弱いわけでもなかったのに250度で30分から40分焼いていたのか?!と半信半疑。
でも一応250度に設定して焼いてみる。
案の定10分したらこんがりいい色になっていたので180度に下げて25分。いい感じで焼けました。(笑)
あのまま焼いていたらきっと真っ黒になっていたでしょう~。
母はアルミで覆って焼いていたのでしょうかね・・・^^;

このケーキになくてはならないのがアイシング!
リンゴのケーキやパンってなんでこうアイシングが合うんでしょ?!
ちょっとレモン汁多めで白くならなかったのだけど、食べたら懐かしくて甘酸っぱい感じで感動♪
あああ、やっぱりおいしいなぁ~♪と食べ過ぎに食べ過ぎてしまい膝の痛みが酷くなりそうで怖くなりました。(笑)

DSCF4297.jpg


しかしやっぱりリンゴ多いっ!!
隙間も空きまくりで総重量1、2キロ以上!
でもシットリ甘酸っぱい懐かしいりんごケーキ、私も子供に作ってあげたいな^^




スポンサーサイト
Posted at 18:28 | sweets | COM(3) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。